アフターピルの使い方を知ろう

アフターピルという種類のピルがありますがこれは避妊に失敗してしまった時などに効果的で前もっての避妊ではなく後から避妊できる優れものです。しかし副作用など女性の身体に与える影響も多いので頻繁には使用しないようにしましょう。

アフターピル初心者の為の使い方講座

アフターピルは緊急避妊薬と呼ばれ中用量ピルとなっているので、毎日服用するようなピルとは使用方法が異なります。
通常のピルは月経開始直後に服用し、決まった時間に毎日服用していくものですが、アフターピルは何らかのトラブルで避妊が失敗した場合や、性犯罪による被害を受けた際に用いられるものです。
体に妊娠したかのように思わせ、排卵を抑制することで受精をできなくさせる仕組みで、緊急用として用いるために、エストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる2つの女性ホルモンの含有量を増やしています。
そのため、女性への体の負担が大きく、めまいや吐き気といった副作用が強く出るのが特徴です。
その効果からアフターピルは医師の処方なしでは購入できなくなっていますが、個人輸入によって入手することもできるため、初めて使用する人が間違った使い方をすることもあるので、注意しなくてはいけません。
アフターピルは性交後の72時間以内に服用するのが望ましいと言われていて、一般的には避妊率が80%ほどですが、少しでも早く服用すると避妊率はその分だけ高くなります。
24時間以内であれば95%以上もの成功率を誇るので、避妊に失敗したと思ったら早めに服用するようにします。
アフターピルの種類によって飲む量や回数が異なるので、説明書などにある通りに服用するようにします。
プラノバール錠であれば性交後72時間以内に2錠を服用し、12時間後に再び2錠を服用することになるので、深夜であっても目覚ましをセットして飲むようにします。
レボノルゲストレル錠であれば同様に72時間以内に2錠を服用し、この1回のみで終了します。
アフターピルは食事に影響される薬ではないので、妊娠の可能性があれば、早い段階で服用するようにします。

アフターピルを飲んですぐに動ける?

アフターピル飲んで直ぐに動く事が出来るか、これは飲む女性の体調次第で決まります。
一般的にアフターピルは、飲んで直ぐに活動を始めても問題ないので、比較的安全に使う事が出来る薬といえます。
しかし、アフターピルで体調が悪くなる場合は、無理をせず体を安静に保つ時間を用意する事も大切です。
アフターピルの服用後は、次第の成分が体の中で溶け出したり、吸収されてから体の反応が起こります。
服用直後に体調が悪くなる事は、アフターピルに対する思い込みが作用している事もあるので、アフターピルから受ける印象からも影響を受けます。
アフターピル自体の影響としては、成分が体に作用する事によって副作用も起こるので、服用前から体調が悪い場合は注意が必要です。
服用の注意点は、体調が良くない時には回復を待ったり、飲んで気分が悪くなるのであれば、服用の方法を変える事も一つのやり方です。
医者に相談を行えば、アフターピルの処方を変える事、服用のアドバイスを得る事等にも期待出来るので、日頃から親しい医者に相談する方法が役立ちます。
既に服用して気分が悪い時は、無理に体を動かさず安静にしたり、暫く休んで様子を見る事が効果的です。
温かい飲み物でお腹を温めたり、乾燥を防いで室内を暖房する事も役立つので、兎に角体を冷やさない事を心掛ける必要があります。
他の方法としては、深呼吸で自律神経を整えるやり方、穏やかな景色を見て気分を落ち着けるコツ等も存在します。
気の持ちようと無理に体を動かす人もいますが、症状が悪化して余計に動けなくなる事もあるので、無理に活動を再開しない事も服用後の心掛けになります。
女性の体は、月経や妊娠とデリケートな状態になる事が多く、薬も僅かな量で影響が出るので、安全でも薬を服用した後は注意深く状態を客観視して対応する事が必要です。

アフターピルの効果を最大限発揮させるには

アフターピルを知る女性は3人に1人と言われていて、通常のピルである経口避妊薬が月経周期に合わせて毎日服用するものに対し、アフターピルは性交後に服用するものとなっています。
似たような作用を起こして排卵を抑制する効果ですが、強い作用を起こすために副作用も大きく、吐き気やめまいといった症状が出るため、経口避妊薬のように日常的な利用が難しい薬となっています。
本来の使用目的は、コンドームが破れたといったトラブルが起きて避妊措置が失敗した場合や、性犯罪の被害者になってしまったような時に用いられるもので、医師の処方なしでは購入できないものとなっています。
アフターピルは精子の受精を防ぐために、排卵を抑制するように働きかけますが、着床してしまうと効果が発揮できなくなるので、性行為の後の72時間以内に服用するのが望ましいとされています。
しかし、時間が経過すると成功率が下がってくるので、避妊の効果を最大限発揮させるには、性交後すぐに服用することが大切となります。
性交後24時間以内では95%もの成功率ですが、さらに12時間以内に服用すると98%以上の確率で成功すると言われています。
また、利用する時間や用量を間違えると、途端に成功率が下がるので、指定された時間に必ず使用するようにしましょう。
24時間以内であれば、どの種類のアフターピルを飲んでも成功率に違いは出ませんが、25時間以降では種類によって大きく異なります。
アフターピルには種類があり、1回で済むものもあれば、2回の服用を必要とするものもあります。
夜中に指定されていても、目覚ましをセットして指定された時間に服用し、万一飲み忘れてしまった場合は気づいた時点で早急に服用するようにします。
◆低用量ピルをインターネットでお求めの方
トリキュラーの通販 | トリキュラー