アフターピルという種類のピルがありますがこれは避妊に失敗してしまった時などに効果的で前もっての避妊ではなく後から避妊できる優れものです。しかし副作用など女性の身体に与える影響も多いので頻繁には使用しないようにしましょう。

アフターピルで月経前症候群の時間が変わる

アフターピルには、PMS(月経前症候群)の症状を和らげてくれる効果が期待できます。
PMSとは、生理前1週間くらい前から身体にあらわれる不快な症状の総称です。
体にあらわれる症状には、頭痛、肩こり、めまい、下腹部痛、胸の痛み、腰痛、冷え、肌荒れ、ニキビ、むくみ、胃腸障害、慢性的な眠さ、だるさ、倦怠感、などがあります。
心にあらわれる症状は、イライラする、怒りっぽくなる、やる気が出ない、抑うつ、涙もろくなる、攻撃的になる、気力がなくなる、などです。
PMSの症状がひどくなると、人間関係に支障が出て、社会生活や家庭生活で不具合が起こることもあります。しかも、PMSは比較的あたらしい症状であるため、周囲から理解が得られにくいです。
自分ではどうすることもできない身体の不具合なのに、周囲からはワガママと思われてしまうことも多いです。
PMSの原因ははっきり解明されていませんが、有力な説では「女性ホルモンのバランスの急激な変化によるもの」と言われています。
生理〜排卵前にはエストロゲンが多く分泌されます。この間は心身ともに具合のよい状態が続きます。排卵〜生理開始まではプロゲステロンが優位になり、次第に不具合が多くなります。
女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。この2つの働きは対照的で、2つの女性ホルモンの拮抗が崩れることでPMSが起こると考えられています。
アフターピルにはエストロゲンとプロゲステロンといったステロイドホルモンが含まれています。アフターピルを服用すると女性ホルモンの働きのバランスが整うので、PMSによる不快症状が緩和されたり、解消されます。