アフターピルという種類のピルがありますがこれは避妊に失敗してしまった時などに効果的で前もっての避妊ではなく後から避妊できる優れものです。しかし副作用など女性の身体に与える影響も多いので頻繁には使用しないようにしましょう。

アフターピルの成分は甲状腺に悪影響

アフターピルとは、望まない妊娠を避けるために用いる緊急避妊薬のことを言います。
避妊には、低用量ピルが一般的に使用されていますが、コンドームなどの避妊に失敗した場合には、アフターピルを性交後72時間以内に摂取することで、避妊効果を高めると考えられています。
妊娠を回避できたかどうかの判断は、生理でわかります。
アフタープルを服用することで、数日後に出血があり、通常服用後3週間以内に出血があれば、避妊に成功したといえます。
もし3週間以上も出血がない場合や、月経の予定日をすぎても生理がこない場合には、妊娠の可能性があるので、確認する必要があります。
そのため、アフターピルを飲んだからといって、必ず妊娠しないわけではなく、あくまで緊急的な処置として服用することを知っておくとよいでしょう。
また強制的に生理を起こして妊娠を防ぐため、女性ホルモンを大量に摂取することになり、強い吐き気や嘔吐などの副作用を引き起こす可能性もあります。
また倦怠感や頭痛、むくみなどが起こる場合もあります。
通常こういった症状は、半日程度で緩和しますが、長期間続く場合には医療機関を受診する方がよいでしょう。その他にも、ピルを服用中に喫煙すると、心臓や循環器系への副作用が高まる可能性があります。そのため、服用する際には用法や用量をしっかりと守ることが大切です。

また女性に影響する甲状腺は、のどのところにあるホルモンを作る器官ですが、主に体の活動性に関与する甲状腺ホルモンを分泌します。この甲状腺ホルモンが多くても少なくても生理に影響し、甲状腺の機能が落ちると疲れやすくなったり、排卵にも障害が生じて生理不順を引き起こすことも考えられます。
ピルによって甲状腺に異常が起こるということはありませんが、甲状腺に異常がある場合にはピルを服用することができないので、注意が必要です。