アフターピルという種類のピルがありますがこれは避妊に失敗してしまった時などに効果的で前もっての避妊ではなく後から避妊できる優れものです。しかし副作用など女性の身体に与える影響も多いので頻繁には使用しないようにしましょう。

アフターピル服用で出血し彼が驚く

性行為中の出血に彼が驚くこともあるでしょう。それがアフターピル服用後の出血だとしたら、緊急避妊薬を使ったことが成功した証です。しかし彼が驚くよりも彼との性行為の在り方をよく検討しなければならない事例でもあります。彼がコンドームを使うことはもちろん、アフターピルを使わないように低用量ピルを服用する等の考えなければなりません。アフターピルを使うというのは、カップルで避妊についてよく考えるきっかけでもありますので、驚くのではなくよく話し合うことが重要です。

服用後、早い人であれば数日で出血します。3週間以内の出血がなければ妊娠検査薬やクリニックで検査を受けることをおすすめします。必ずしも出血がないから避妊に失敗したわけではありませんので、念のために服用後の3週間で出血がない場合は検査を受けるようにしてください。アウターピル服用後の出血は、ホルモンによって強制的に子宮内膜をはぎ取った証になります。排卵後であれば少なく、生理周期と重なった場合は出血量が多くなる可能性があります。まず3週間以内の出血は、避妊に成功した証になりますので、安堵することができるでしょう。

あくまでもアフターピルは避妊に失敗したときに使うものですので、そう何度も使うものではありません。よくあるのが、避妊に失敗したらアフターピルを使えばいいという認識を持っている男性や女性もいますが、それは誤りです。低用量ピルは比較的副作用がでにくくなっていますが、アフターピルは強い医薬品ですので、吐き気や倦怠感などで服用後身動きができなくなる女性も多いです。女性に負担が掛かりますのでよく考えなければなりません。避妊についてカップルで話し合うきっかけにしてください。