アフターピルという種類のピルがありますがこれは避妊に失敗してしまった時などに効果的で前もっての避妊ではなく後から避妊できる優れものです。しかし副作用など女性の身体に与える影響も多いので頻繁には使用しないようにしましょう。

スギ薬局の高容量アフターピルとは

アフターピルは、性交渉をした72時間以内に服用する事によって、妊娠する可能性をかなり低くする事が出来る薬です。
避妊を失敗してしまった時や、避妊せずに性交渉をしてしまった場合などに服用するもので、現時点では2%しか着床率がないという高い効果が期待できる薬となっています。
基本的にはホルモン剤となるので、服用後人によっては吐き気を感じてしまう事も珍しくありません。
服用後2時間以上過ぎている場合はもし吐いてしまったとしても既に薬の成分が体内に吸収されているのでそれ程気にする必要はありませんが、2時間以内に吐いてしまった場合は、それを処方してもらった病院にすぐに相談に行く事が重要です。

そんなアフターピルは、現時点では病院で処方してもらって入手する方法が一般的となっています。
勿論、海外医薬品の個人輸入でも入手する事はできますが、一般のドラッグストアや薬局などでは取扱が無いので、そこで市販薬と同様に購入するという事はできません。
だから、スギ薬局などでも扱っていないだろうかと思う人もいるかもしれませんが、残念ながら現時点での扱いはないので、もし性交渉で何らかのトラブルがあり妊娠の可能性があるという事が分かった場合は、早い段階で病院に行く事が重要です。

アフターピルとして処方されるのは低用量・中用量・高用量の3種類のピルになります。
それぞれ含まれているホルモンの量が違っており、中に含まれているホルモンの量が多くなればなるほど高用量と言う風に言われるようになります。
勿論体への負担は大きいので、気軽に服用して良い薬かと言ったら決してそうではありません。
したがって、スギ薬局などのお店で市販薬のように手軽に購入する事は出来ず、病院で処方してもらう必要があります。