アフターピルという種類のピルがありますがこれは避妊に失敗してしまった時などに効果的で前もっての避妊ではなく後から避妊できる優れものです。しかし副作用など女性の身体に与える影響も多いので頻繁には使用しないようにしましょう。

安価なアフターピルで膨満感

避妊を失敗した時に緊急用として使用するアフターピルは、服用することで妊娠を回避することができる方法です。
アフターピルは、性行為後72時間以内に服用し、その後12時間後に2回目を服用することで避妊効果を得ることができます。

アフターピルは、受精卵が子宮内膜に着床するのを防止することで妊娠を回避できます。80パーセント前後の確率で避妊することができますが、必ずしも避妊できるわけではないので注意が必要です。

避妊ピルの有効成分は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンで、服用する事で排卵を抑え、子宮内膜をはがし、子宮に精子が入りにくい状態にかえていきます。これらの作用によって避妊効果が発揮されます。
ホルモンの含有量が低い低用量ピルの場合、正しい服用を行うことでほぼ100パーセントの確率で避妊効果を得ることができますが、避妊に失敗した性交渉後に服用するアフターピルは、80パーセント前後だということを知っておく必要があります。
またホルモンの含有量が多いため、副作用として吐き気や頭痛、食欲不振、下痢や腹部膨満感などといった症状をもたらすこともあります。

妊娠がすべての女性にとっておめでたい事柄とは限りません。
望まない妊娠を避けたいと考える女性にとって、アフターピルは効果的な避妊薬といえます。
低用量ピルのように緩やかに妊娠を抑えるものではなく、強制的に短時間で妊娠を回避させることができる薬で、改良も重ねられ副作用も以前に比べれば少なくなってきています。
費用は決して高いものではありませんが、ただ薬局で購入することができず、病院を受診し処方してもらうか、通販で購入する方法しかありません。
病院を受診してから処方してもらうのが一番安全な方法ですが、内診に抵抗があったり、受診する時間がとれない場合などには、通販が便利です。
72時間以内に服用することが大切ですから、事前に準備しておくと安心ですね。